NEWS / BLOG

ARTICLES
  • BLOG2020.08.27
    1. 今日はミネラルについてお話します。

      ミネラルとは、次の3つの形で生体内に存在し、その役割を果たします。
      ①難溶性の無機塩として骨や歯の構成成分となる。
      ②イオンとして生体反応の調節をする。
      ③有機化合物と結合し重要な物質の構成成分となる。

      ミネラルの働きを一つずつ紹介します。
      ・カルシウム(Ca)
      生体内に最も多量に存在し、99%が骨や歯に、約1%が細胞内に、約0.1%が血液中に存在している。
      骨や歯を形成したり、筋肉の収縮、神経興奮の伝導などの働きがある。

      ・リン(P)
      カルシウムに次いで多いミネラルであり、生体内の全ての組織と細胞に存在し、体重の約1%を占める。
      約80%が骨や歯に含まれ、硬組織や細胞膜の構成成分で、高エネルギーリン酸化合物、ビタミンからの補酵素の構成元素としてなど広く関与している。

      ・マグネシウム(Mg)
      生体内で60~65%は骨中に、27%は筋肉中に含まれ、全ての細胞内にマグネシウムイオンが存在する。
      酸素の活性化や体温調節、神経の興奮や筋肉の収縮、副甲状腺ホルモンの分泌、脂質代謝の改善など多くの働きがある。

      ・カリウム(K)
      細胞内に98%、細胞外に2%存在し、細胞内に最も多い陽イオン。
      細胞内の浸透圧・PH調整、膜輸送、筋肉の収縮、酵素の活性化などの働きがある。

      ・ナトリウム(Na)
      細胞外液に50%、骨中に40%、細胞内液に10%存在する陽イオンで、大部分が塩化ナトリウムとして摂取される。
      浸透圧、細胞間液量やPHの調整、細胞内外の電位差の維持、グルコースやアミノ酸の吸収における能動輸送、筋肉収縮促進などの働きがある。

      ・塩素(Cl)
      約70%が細胞外液に、30%が細胞内液に塩素イオンとして存在し、細胞外液の約60%を占める。
      胃酸の構成成分で浸透圧、細胞間液量やPHの調整などの働きがある。

      ・鉄(Fe)
      成人体内に3~4%存在し、ヘモグロビン鉄、ミオグロビン鉄、貯蔵鉄、酵素鉄、血清鉄の5つに分類され、この5つの働きの後、体の一部になったり排出されるほか、リサイクルされ再び利用される。

      ・銅(Cu)
      生体内に約80~100mg含まれ、骨、筋肉、肝臓に存在する。
      ヘモグロビンの合成に必要であり、チトクローム酸化酵素、チロシナーゼなどの酵素の構成成分。

      ・亜鉛(Zn)
      体内に約2g含まれ、皮膚、血液、筋肉、肝臓など広く分布している。
      200以上の酵素の構成成分で、成長、免疫系、味覚などの感覚、皮膚、骨の機能維持に関与するほか、皮膚たんぱく質やコラーゲンの生合成にも不可欠である。

      ・セレン(Se)
      成人体内に約13mg含まれ、脂肪酸の過酸化防止に役立つグルタチオンパーオキシダーゼの構成成分。

      ・クロム(Cr)
      成人体内に約2g含まれ、糖、脂質、たんぱく質の代謝や結合組織の代謝に関与するほか、免疫反応の改善にも不可欠。
      特に糖質をグリコーゲンに変えるインスリンの補助因子となる。(インスリン作用の増強)

      ・ヨウ素(I)
      成人体内に約15mg含まれ、70~80%が甲状腺に存在する。
      甲状腺ホルモンの構成成分としてエネルギー代謝やたんぱく質合成に関与する。

      ・コバルト(Co)
      成人体内に約2mg含まれ、ビタミンB12の構成成分、赤血球の形成に関与している。

      ・マンガン(Mg)
      成人体内に約15mg含まれ、25%が骨中に、次いで肝臓、脾臓、腎臓に存在する。
      アルギナーゼなどの酵素の構成成分であり、酵素反応を活性化させる補助因子としての機能もある。

      ・硫黄(S)
      大部分は含硫アミノ酸としてたんぱく質に含まれる。
      硫黄のSH基には生体の解毒や酵素の活性調節機能がある。

      ・モリブデン(Mo)
      肝臓中に多く含まれ、キサンチンオキシダーゼなどの酵素の構成成分。

      ・フッ素(F)
      約95%が歯や骨に含まれる。
      歯の石灰化の促進、口内の細菌や、これが生産する酵素活性抑制などに関与。歯のう蝕予防なども担っている。

      以上、ミネラルは多いので過剰摂取や欠乏症については次回書きます。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    1